プロバイダー乗り換えでインターネットを安く利用~ハッピー通信~

スーツ

移設手続きをする

引っ越しの際には移設手続きが必要です

会社

人は古くから地理的に遠く離れた相手への意思を伝達する手段を色々と工夫してきました。古代においては狼煙を利用して色を加えることで遠隔地への様々な信号にしたという記録もあります。手紙による伝達は如何に速く届けるかが競われてきました。しかし、19世紀末頃に発明された電話は画期的でした。現代の社会において電話は電話回線を通じて利用者間を接続しています。各々に電話番号が割り振られていて相手先の電話番号を指定することで通話が可能になります。そのため、電話番号は連絡先として重要ですから引っ越しの際には電話回線の移設手続きが必要です。しかし、手続きの際に電話回線の名義人等の情報照合が一致しないと電話回線の移設先で利用できない期間が発生することがあります。

電話回線には種類があります

電話は1876年にイギリスで発明されました。この時発明された電話機は1877年に日本に輸入されると国産電話機の開発が進められるようになり、1887年には国産の電話機が完成しました。当初、国家プロジェクトとして実験が行われているだけでしたが、1890年に一般向けの電話回線が敷設されて普及していくことになります。しかし、全国的な電話回線は太平洋戦争後の日本電信電話公社の設立を待たなければなりません。電話回線には信号の種類に応じて色々と種類があります。電話場号を信号として相手先に送る方法はパルス信号を送るダイヤル回線とトーン信号を送るプッシュ回線、通信手段に応じて音声を電気に乗せるアナログ回線とデジタルデータに変換するデジタル回線等が代表的です。